top of page
機械の作業エンジニア
​モジュールについて

1) 作図基本モジュール

RADAN (レイダン) は2次元作図基本モジュールをベースに、各モジュール単位で必要なライセンス数をご購入して頂けます。最小限のコストで高機能のシステムを導入できます。作図基本モジュールは機械設計から建築物設計を中心に板金展開機能も装備しています。熟練者についてはマウス操作の少ないコマンド作図にも対応します。

2次元インポート(DWG,DXF)
2次元設計 GUI・コマンド操作
2次元板金作図
2次元板金展開(面出・面合成・コーナー処理)
パターン展開
ユーザーマクロ機能
パターンパス(レイヤー)機能

2) 3次元モジュール

パラメトリックモデリングに対応した3次元ソリッドモデラを搭載しています。2次元と3次元をシームレスに操作できることで、2次元図面から3次元モデル作成、3次元から2次元投影など豊富な活用ができます。最大のメリットとして、他社3次元CADデータをインポートし、そのまま板金展開図を作成できます。

3次元インポート (STEP/SAT/IGES)
3次元パーツモデリング

3次元板金モデリング 
3次元自動板金展開
3Dモデルから2次元図面
アセンブリ分解 (組立図作成)

3) CAMモジュール

レーザーCAM(ヘッド自動回避、スクラップ切断)
パンチングCAM (成形、タップ割付)
複合加工割付、 複合自動割付

特殊機械の対応(プラズマ、ウォータージェット)
ワークシュータ
ピッカー割付 (オプション)

ストップ(オプション)
ポストプロセッサー(オプション)
加工順編集モード(シミュレーション)

4) ネスティングモジュール

生産計画から究極のアルゴリズムで高歩留まりの板取結果を自動生成します。材質板厚の仕分け、自動ネスティング、最短距離での加工順確定、NCデータ生成までを全自動処理します。

リトライネスティング

生産計画ソフトウェア

残材管理

生産計画CSVインポート

作図基本モジュール

1) 作図機能

RADANは設計CADとしても、全世界(30ヶ国以上)で使用されています。軽くスムーズな操作性と高度な作図機能で、既存のCADからのリプレースも多く、使用ユーザーは増加しています。GUI(グラフィックユーザーインターフェイス)メニューにより、直感的にメニューを選択でき、初心者の方でも短時間で作図の習得をして頂けます。また、全ての操作がコマンドに対応しているため、よく使用する機能はアイコンを探す手間がなく、キーボードのみで、素早く作図を行うこともできます。

※ u = アンドゥ z =再描画 d = 作図実行 など

2) 板金展開図機能

(A) 板金面出し

ベース面のエッジをマウスでクリックし、外寸と曲げ角度を指定することで曲げ伸び値を考慮された板金面を生成します。​

(B) 板金面合成

面と面を指定することで、曲げ伸び値を考慮した合成ができ、板金展開図を完成します。

(C) 伸び値設定

​材質/板厚/曲げR の単位で、独自の伸び値を設定でき、板金展開作業をサポートします。

3) 曲げ断面・曲げ指示

板金展開図の曲げ属性を読み取り、断面図を自動で作成します。これにより、展開長さのチェックはもちろん、曲げ作業者への指示図面としても使用できます。また、曲げ線をクリックすることで、詳細な曲げ情報記入ができます。複雑な展開図形でも、わかりやすい曲げ指示書を作成する手助けをします。

4) パターン展開

(A) ボックス展開
突合せ処理、曲げの逃がし処理等、溶接処理のために、作図編集に時間がかかっていましたが、ボックスパターン展開機能を使用することで、突合せ、曲げの逃がしを考慮した板金展開ができます。さらにC型の曲げの場合は、コーナーの斜めカット/角カットが選択できるため、曲げや溶接ができる自動板金展開図ができます。


​(B) ダクト展開
ダクトパターン展開機能を使用することにより手間のかかる3次元モデリングを省き、ダイレクトに板金展開図が作成されます。同時に完成図面も作図されるため、入力寸法や形状も完成図で確認ができます。

3次元モジュール

1) ソリッドモデリング

(A) 板金モデリング
板金モデリングはベース面からフランジ面を確定 していく、ダイレクト3次元板金作成機能です。パラメトリック機能により、板厚変更はもちろん、面に対して、穴追加や曲げR変更、高さ変更が簡単にできます。また2次元と3次元を交互に使用できるため、Z軸を意識しないモデリングが可能です。

(B) パーツモデリング
パターンソリッド(角柱、円柱、球、円錐、リ ング)でのモデリングや、ロフト作成、スイープ作成、シェル編集、フィレット編集など、固まりでのソリッドモデルの作成と編集ができます。また、ソリッドモデラーなので干渉処理(合成、取去る)を使用した高度な3次元モデリングも可能です。

2) パラメトリック機能

板金コーナー突合せ処理、フランジ高さ調整、板金面切断など、スムーズな修正ができます。パラメトリックに対応しているため、モデリング履歴を修正することで、関連した箇所が自動変更されます。パラメトリックモデリングは時間短縮はもちろん、設計ミスを大幅に削減します。

 

曲げ角度編集

コーナーの高さ合わせ
3次元モデリングと2次元の連動

3) 他社CADデータインポート

​● 2次元CAD (DXF/DWG) から3次元作成

インポートした2次元図面から、3Dモデルを作成できます。効率的に3次元化するツールとして使用されています。また、過去の展開図データを有効利用するために、板金展開図から3次元モデルの作成も可能です。

● 3次元モデル (STEP/IGES/SAT) から自動板金展開

インポートした3次元モデルから板金展開図作成ができます。パーツ部品からアセンブリ製品まで、あらゆる業界で使用されています。

4) 自動板金展開

あらかじめ曲げ伸び値を設定しておくことで、基準となる面をクリックするだけで、瞬時に正確な展開図を作成します。展開図は、山曲げ、谷曲げ、成型加工などの色や線種を設定できます。

自動板金展開された展開図の曲げ線には曲げ角度と伸び値の属性が書き込まれます。加工機のデータを作成するために、展開図の二重線や微細な隙間を自動で調整する機能も搭載しています。

CAMモジュール

1) レーザーCAM

自動割付設定で材質板厚単位でのリードイン方法や切断条件を詳細に設定できます。また、ケガキ加工、低速、高速切断等を作図線の色分けで、作図段階で事前に指定ができます。レーザー加工機の高速化が進む中、従来では不可能であった、加工された内穴とレーザーヘッドの干渉回避機能、大きい内穴のスクラップカットなど、新アルゴリズムの自動割付機能を搭載しています。

2) パンチCAM

一般の金型形状以外に成型金型、特殊金型、ジョイント金型も自動割付ができます。独自の割付方法を設定することで、パンチ数を最小限かつ品質の高い自動金型割付ができます。マニュアル割付や割付修正機能も充実しています。もし自動割付で問題が発生した場合はシステムが問題個所をハイライトし、内容をメッセージ表示します。

3) 複合機CAM

複雑な形状も全自動でパンチとレーザーの混在割付ができます。また、図形を色分けすることで、金型で割付する箇所、レーザーで割付する箇所を事前に指定しておくこともできます。その他、ピアスパンチや切断条件等の詳細なパラメータにより、加工制度の高い自動割付が可能になります。

ストップ、ワークシュータ、バキュームピッカーを手動割付することはもちろんですが、レイダンは外形、内形のサイズと形状を自動判断するため、これらの特殊機械コマンドも自動割付ができます。

4) 自動加工順

板取り後にオーダーモード(加工編集)で、加工順や金型交換の最適化が実行されます。ムダのない加工順、加工以外の停止時間の削減等のロジックで本来のNC機械の性能を十分に発揮させることができます。また、自社の加工ノウハウや加工機の特性をオーダーテキスト情報にて柔軟かつ詳細な自動加工順設定ができます。

5) 加工シミュレーション

加工範囲を超える加工をする場合にはレポジションを自動確定します。素材のたわみ防止や製品精度を高めるためにも、最適なレポジションを選択できます。作成されたNCデータを基に実際の加工機の動きをシミュレーションします。加工経路、金型交換、機械コマンドまで詳細確認ができます。また、加工速度パラメータにより、実際の加工時間の算出も可能です。

6) マルチCAM対応

従来のCADCAMは複数の加工機をお持ちの場合、加工機単位で部品データを個々に作成しなければならなかったのですが、RADANでは、1つの部品データで複数の加工機のCAM割付を保持できます。そのため、加工機械の増設やリプレースする場合も無駄な作業はなく従来のデータのままで加工ができます。また、回転レイヤ機能を使うことにより、ピッカー・ワークシューター・特殊金型の角度別割付が可能になります。

ネスティングモジュール

1) 解りやすい画面設計

ひとつ画面でネスティングする部品リスト、板取りリストを確認しながら、板取りを行うことができます。これにより、部品の移動・削除・追加等の編集作業が円滑に行えます。部品の取数違いを防ぎ、解りやすく生産計画や板取り図の変更ができます。

2) 高歩留まりネスティング

(A) リトライネスティング

複数の材料サイズ、ひとつの材料サイズ内でも複数回のネスティングを繰り返しネスティングを行うことにより、究極の歩留りを自動確定します。

​(B) 自由形状ネスティング

複雑な形状の凹凸や、穴の形状を自動切断し、パーツインパーツや千鳥配置を自動で行います。

(C) 端材・スクラップ切断

板取後の材料に手動で割付を行う手間を省きます。端材処理には4パターンの切断方法から選択可能なため、残しておきたい材料の切断を柔軟に対応できます。端材が重い、またはスクラップの置き場所が小さいなどの場合はスクラップ自動切断機能を使用することで問題を解消できます。これにより、現場のスクラップ処理作業を低減することができます。

ポストプロセッサー

1) 全世界のNC機械に対応

● 8000機種を超える実績

RADANは、加工機メーカーを問わず全世界の8000機種を超えるNC機械のポストプロセッサーに対応してきました。NCパンチプレス、レーザー加工機、複合機、プラズマ加工機、ウォータージェットはもちろん、自動搬出機(製品ピッキング)まで、あらゆる加工機のNC加工データを作成できます。板金CAD/CAMの一元化と設備投資のコストダウンをご提案します。​

● ポストプロセッサー開発

未対応の新機種でも、ポストプロセッサーの開発ができます。

bottom of page