RADAN2022をリリースしました

加工機ごとの作業指示書とネスティングレポートの自動出力

ネスティング実行後に、自動で板取帳票とネスティングレポートを指定したフォルダに、PDF出力できる機能が追加されました。これにより、ペーパーレス化を実現します。帳票はレポートビューアによりレイアウト変更することができます。


ネスティングメニューの強化

ネスティング計画のウィンドウが大幅に変更されました。”ファイル名”、”保存先”、”ネスティング設定テンプレート”を選択することで都度設定を行うことなくネスティングを実行できます。下部ウィンドウでは、最新の作成/編集を行ったネスティング計画が表示され、検索バーから瞬時にデータのピックアップができます。



パーツマーキング機能

部品データに、pmdatum を配置する事でQRコードやマトリックスコードを加工できるようになりました。加工機ごとにサイズ、加工順を指定でき、複雑なマーキング加工データも瞬時に作成できます。



グリッド切断(共通切断)の有無を材質/板厚ごとに保存

材質/板厚ごとに、グリッド切断割付設定を保存できるようになりました。板取図への自動CAM割付時に都度設定を行うことなく適切な共通切断加工ができます。


ネスティングモード、1個取りモードの追加

生産計画の部品追加時に「ネスティング」または「1個取り」かを選択できるようになりました。これにより、生産計画内に1個取りの部品が混在した場合も柔軟に対応できます。



© 2021 Created by Weilli corporation