ウィリー株式会社

GIFU HEAD OFFICE

TOKYO OFFICE

  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Weilli corporation created with weilli.com 

RADAN 2018 R2 をリリースしました

複合機での部品内部のスクラップ切断に対応しました。



残材切断の切断タイプが2種類追加されました。

矩形で残す方法と配置された部品に沿って切断する方法が追加されたことにより、より多くの残材を残すことが出来るようになりました。

部品の縦横配置機能を追加しました。

任意の配置がより簡単に出来るようになりました。



レーザーの加工方向変更機能を追加しました。

部分的に加工方向の変更が可能になり、複雑な加工が出来るようになりました。

皿形状穴の展開にて、二重丸での作図に対応しました。

皿形状穴のある3D図面を展開した際に、二重丸で表示されます。

※ものによっては、出来ない場合がございます。


AutoCAD2018形式のDXFファイルに対応しました。

w_white_tomei.png