Inventor2020をリリースしました。

新しいインターフェイスの提供

Inventor2020では、機能強化と生産性向上を実現した新しい明るい色調のインターフェイスが使用されます。アイコン、照明スタイル、グラフィックの更新を始め、マルチモニタのサポート及び以前のInventorのバージョンから2020に移行するための拡張機能が含まれます。


設計機能の強化

Inventor2020では、スケッチ及びコンテンツセンターの機能が強化されています。

スイープは3Dツールボディによりスイープされたジオメトリを除去し追加するためのソリッドスイープ機能を追加し改善を計りました。






アンラップ機能の追加

「アンラップ」機能を追加することで、一連の連続している面から平面を捉えることができるようになります。「アンラップ」によって様々な形式で保存またはエクスポートを行うことのできる面、全ての形状を平坦化することができるようになりました。











フレームジェネレータの改善

フレームジェネレーターも改良されています。以前フレームジェネレーターに属していたコマンドが、今回のバージョンからプロパティパネルに移動しました。新たにエンドキャップ機能も追加され、ノッチ、マイタ、フレーム等の挿入のワークフローが改善されました。










マルチディスプレイ環境への対応

今回のバージョンでは、3次元・2次元のそれぞれのウィンドウを画面左下のタブをドラッグすることでInventorのウィンドウの外に表示することができるようになったため、個々のウィンドウを最大化表示することができるようになります。







ソリッド形状をスイープした際の軌跡をモデル作成に反映

ソリッド形状をスイープする機能が追加されたため、エンドミル加工の結果をモデルに反映することができるようになりました。



最新記事

すべて表示

Inventor2019をリリースしました。

1、曲げ機能の簡略化 今まで曲げの追加を行う際、作業平面の追加が必要でしたが、作業平面を作成することなく曲げを追加することができます。 2、フランジのレリーフ形状にレーザー溶接が追加。 フランジで面の追加を行う際、レリーフの形状の種類の中に「レーザー溶接」が追加されました。これにより、溶接に適した曲げ逃しを作成することができます。 3、穴コマンドの簡略化 今までは、穴を追加したい平面を選択して「新

ウィリー株式会社

GIFU HEAD OFFICE

TOKYO OFFICE

Email:       info@weilli.com

Phone:      0584-77-0616
IP Phone: 050-3538-9426

  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Weilli corporation created with weilli.com 

w_white_tomei.png