top of page

【オプション】受注カレンダー・受注進行グラフ 同時リリース

2022年10月販売開始


■ CiPS 受注カレンダーモジュール


※ 導入メリット

・現在の受注額を月次カレンダーで対局的に据え、新な仕事の納期判断を手助けします。

・納期の「かたより」を視覚的に判断できスピーディに調整ができます。

・来月、再来月など先の売上予測ができ、戦略的な営業活動ができます。



1ケ月カレンダーで日別 (仕掛日、スケジュール納期、客先納期での切替対応) での合計金額と客先単位の内訳を解りやすく集計表示します。また、設定した1日の最大受注金額を超えると金額表示が赤になり視覚的に強調されます。日別エリアの客先行をマウスでダブルクリックすることで、受注リストが表示され、その詳細を確認できます。



受注リスト内の受注金額や図面ビューアで加工難易度を判断し、選択行の納期調整をします。納期調整することで、1ケ月カレンダーにリアルタイムに反映され大局的かつスムーズに計画変更ができます。



■ CIPS 受注進行グラフモジュール


※ 導入メリット

・納期遅れ、先の負荷状況を受注金額で視覚的に把握できます。(当日から、前後1週間表示)

・1日の最大許容受注金額ライン(赤ライン)の上下で負荷を捉えることができます。

・納期達成の意識づけとなり、リアルタイム表示版として利用できます。




リアルタイム表示版として 大画面モニターなどで社員の方にもわかりやすく会社全体の進行状況を意識づけできます。自動更新モードでは、10分ごとに再度グラフ集計を自動実行するため、最新情報をタイムリーに把握できます。



Commentaires


bottom of page