CIPS ネットワーク

​ハイブリッドクラウド

シップス生産管理システムは規模や用途に合わせて、オンプレミス (自社サーバー) 、クラウドサーバー (仮想サーバー) の双方に対応しています。これにより、システム全体の脆弱性 (ぜいじゃくせい) の課題解決を手助けします。事業継続計画 (BCP) の一環として、よりセキュアで可用性の高い企業ネットワーク環境を構築しましょう。

オンプレミス

オンプレミスとは

自社構内でクローズしたネットワーク環境で機器(サーバー、パソコン等)を設置、運用すること。

メリット
企業内LAN回線のみで高速なファイル転送や検索ができます。外部から侵入される危険性が少ないのも特徴です。保守管理は自社で行うことができます。

デメリット

不意のサーバーの故障時に代替サーバーの準備やデータ移行等に多大な時間がかかります。定期的なハードウェアのメンテナンスと更新が必要です。

​クラウド

クラウドとは

仮想サーバー、仮想ディスクトップなど、外部の事業者の機器を使用っすること。いわゆるクラウドコンピューティング。

 

メリット

データの可用性を高め、機器の故障や災害に対する心配がありません。インターネット経由の接続のため、工場や営業所が分散している企業のデータ活用には有効です。

デメリット

インターネット回線を使用するためサーバーへのアクセス速度はオンプレミスより若干遅くなります。速度改善には通信業者、回線速度、ルータ等の情報インフラ調査・整備が必要になります。保守管理は専門の業者が必要です。毎月の使用料金がかかります。

ハイブリッドクラウド

ハイブリッドとは

オンプレミス、クラウドを組み合わせて活用し、さまざまなプラットフォーム間で双方の利点を活かした運用をすること。​

メリット

固定的な概念に捕らわれず、用途に応じて、柔軟かつ最適なサービスを適用できます。

デメリット

自社内にシステム管理責任者が必要になります。

情報端末、各種デバイスに対応

ハードウェアとネットワークについては、ご商談時に当社営業スタッフが訪問し、現状を調査した上で、ご提案させて頂きます。 サーバーにはオペレーションシステムに Windows Sever と SQL Server を使用しています。 オンプレミスの環境に外部の営業所や別工場から接続するには、VPNルータの設置 もしくは 仮想VPN を推奨します。

システム構成

推奨クライアントパソコン
・ CPU クロック数 1GHz 以上
・ RAMメモリ 4GB 以上を推奨
・ ハードディスク 200GB 以上
・ モニター 解像度 1280x800 以上

推奨 23インチワイドモニター以上(解像度 1920X1080)
※複数の業務をされる方にはツインモニターがお勧めです。

 

ソフトウェアライセンス
フローティングライセンス方式で、サーバーでライセンス認証します。
サーバークライアント型のネットワークソフトウェアです。

・ シップス  ライト (クライアント接続台数が10台まで)※限定機能
・ シップス  スタンダード(クライアント接続台数が20台まで)
・ シップス  エンタープライズ(クライアント接続台数が50台まで)

※ 接続台数が50台以上の場合は別途お問い合わせください。

導入後のクライアントパソコンの入れ替えと増設について
別途、インストール費用と、図面ビューアライセンス料金が掛かります。
※ 専用の図面ビューアライセンスはインターネットでも購入可能です。

保守メンテナンス契約について
下記条件に基づき、別途保守メンテナンス契約が必須です。

・  電話、メール、リモートによる操作説明をします。
・ 本商品に一般的なバグがあった場合は無償で対応します。
・ バージョンアップは、年1回または、ご要望対応時にリモートにて最新ソフトウェアに更新します。
・ ソフトウェアと環境設定はウィリーで管理をします。運用データのバックアップはお客様の責任でお願いします。
・ 汎用的な機能以外のご要望は、ソフトウェアの仕様設計、開発、検証に別途費用がかかります。

・ ハードウェアとネットワーク機器については、メンテナンスの対象には含まれません。

ウィリー株式会社

GIFU HEAD OFFICE

TOKYO OFFICE

  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Weilli corporation created with weilli.com 

w_white_tomei.png